Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

スイカ(小玉)

栽培情報を参考にする

スイカ(小玉)

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

ウリ科スイカ属

丸ごと冷蔵庫に入り、使い切りサイズの小玉スイカ。重さは2、3kg、大きさは大玉スイカの3分の1程度です。甘味が強いものが多く、皮の部分が薄いのが特徴です。小玉スイカは大玉スイカよりも育てやすく、上手に育てれば1株に3、4個収穫できます。支柱とワラをつかい、立体的に栽培すると狭い面積でも育てられます。

発芽適温:25℃~30℃
生育適温:25℃~30℃
適正pH:5.5~6.0

栽培方法
1. 準備
【植付け2週間前】
酸度調整
適正 pH5.5~6.0
※pH5.5未満(酸性)の場合、苦土石灰をまいて調整。1m²あたり一握り(30g)の苦土石灰でpH0.5アルカリ性に傾く。

【植付け1週間前】
元肥
1m²あたり、堆肥は3~4kg、化成肥料は三握り~七握り(約100~200g)まき、耕す。有機肥料の場合は、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリウム)が1m²あたりそれぞれ8~16g程度になるよう調節。
例) 1m²あたり、鶏糞3~7握り、油粕3~7握り(各100~200g)
更に、実つきを良くするため、熔リン2握り(50g)もまく。

畝立て
畝高 5~20cm(水はけのよい高さを畑に応じて調整)
畝を立て、透明マルチシートを張る。透明マルチシートは地温をあげる効果が高いので、スイカにおすすめ。

2. 植付け
苗選びのポイント
・双葉が残っている。
・本葉が4、5枚で色が濃い
・接ぎ木苗が病気になりにくくおすすめ

植付け
株間 100cm
マルチシートに植穴となる穴をあけ、苗の根鉢が埋まる深さまで土を掘りだし、植穴に水を注ぐ。水が土にしみこんだら、根を傷めないようにポットから苗を取り出し、植え付ける。まだ、肌寒い日があるような時期はホットキャップを使うと保温効果がある。ホットキャップは風で飛ばされないように、留め具を使って固定。気温が十分に上がり、霜の心配がなくなったら外す。

支柱立て
長さ240cmの支柱を畝の周囲50cm間隔で刺す。支柱を囲むようにして、横紐を30cm間隔で、3段張る。その後は株の成長に合わせて、紐の段数を増やす。

3. 世話①
【植付け2週間後】
親ヅルを切る
スイカの実は子ヅルに多くなる性質があるので、親ヅルの本葉を6、7枚残して、親ヅルの先端を切る。

【植付け3週間後】
整枝・誘引
勢いのある子ヅル3本を残し、他のわき芽は根元から切り取る。
残した3本を支柱や紐に誘引する。ツルと支柱・紐の間は2、3回ねじる。紐をねじることで、ツルが揺れにくくなる。成長に合わせて、こまめに誘引する。

【植付け1か月後】
人工授粉
スイカは1株の中に雄花と雌花が別々に咲くため、雌花が咲いたら、人工授粉をする。根元が丸く膨らんでいるのが雌花。
雄花を切り取って、花びらをすべて取り除き、雄花の先端を雌花の先端につけて授粉させる。花粉がたくさんでていて授粉しやすい朝9時ごろまでに授粉すると良い。作業後は授粉日を書いたラベルを付けて、収穫の目安にする。

4. 世話②
【植付け1か月半後】
摘果
授粉した実がピンポン玉くらいになるころ、1株当たり3~4個残して、滴果する。形が良く、傷のない実を残す。

追肥
マルチシートをめくり、1m²あたり一握り(30g)の化学肥料をまき、土と混ぜ込む。その後、マルチシートは元に戻す。有機肥料を使用する場合は、N、P、Kが1m²あたりそれぞれ2.5g程度になるよう、量を調節。
例)1m²あたり、鶏糞1握り(30g)、油粕1握り(30g)
※施肥の量、適切な資材の種類は土壌条件によって異なるので成育の様子にあわせて調整。
追肥のタイミングが早いと、ツルばかり伸びて実がつかなくなる「ツルぼけ」になる。以後、2週間おきに同様に追肥する。

【植付け2か月後】
ネットを張る
紐がたわむほど実が大きくなったら、重さで実が落ちるのを防ぐため、長さ60cm程度のハンモックで実を支える。ハンモックはネットや透水性のある布などを使うほか、ワラを束ねたり誘引紐で自作することもできる。両端は支柱に結び付ける。

5. 収穫
【植付け2か月半後】
収穫
人工授粉して、35~45日後が収穫の目安。付け根からはさみで切り取る。収穫のタイミングは見た目ではわかりにくいため、授粉日を記録しておくことが大切。採り遅れると破裂することもあるので注意。
日数を記録し損ねた場合、実の直近の巻きひげ枯れているのを目安とることもできる。


 

クロッパー'sノート

まだこの野菜を育てている人がいません。あなたが最初に育ててみませんか?