Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

インゲンマメ

栽培情報を参考にする

インゲンマメ

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

マメ科インゲンマメ属

パリっとした食感のインゲン。平ざや種は大型でしっとりとした食感で、丸ざや種はサクサクとした歯切れの良さが特徴的です。ツルが伸びる品種と伸びない品種がありますが、長い間収穫でき、品種によっては、一株当たり500個以上も収穫可能です。採れたてはみずみずしく、甘味もあります。家庭菜園ならではの味です。

発芽適温:20℃~25℃
生育適温:15℃~25℃
適正pH:6.0~6.5
画像提供:amiさん

栽培方法
1. 準備
【種まき2週間前】
酸度調整
適正 pH6.0~6.5
※pH6.0未満(酸性)の場合、苦土石灰をまいて調整。1m²あたり一握り(30g)の苦土石灰でpH0.5アルカリ性に傾く。

【種まき1週間前】
1m²あたり、堆肥は2kg、化成肥料は1握り半(約50g)溝にまき、耕す。有機肥料の場合は、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリウム)が1m²あたりそれぞれ4g程度になるよう調節。
例) 1m²あたり、鶏糞1握り半(50g)、油粕1握り半(50g)

2. 種まき
畝立て
畝高 5~20cm(水はけのよい高さを畑に応じて調整)
株間 30cm
まき穴の深さ 2cm
マルチシートを張り、マルチシートに植穴となる穴をあける。1穴に3粒種をまき、土をかぶせ、軽く押さえる。

不織布をかける
インゲンの種は鳥に食べられることがあるため、不織布をかぶせるとよい。不織布が風でとばされないように、周囲に土を被せて固定する。不織布の上から水をあげる。


3. 世話①
【種まき1か月後】
発芽
成長を妨げないよう、不織布をはずす。3本のうち、成長のよいものを2本残し、1本間引く。根が広がっているため、手で抜き取らず、ハサミで切り取る。

支柱立て(ツルありインゲンの場合)
240cm以上の長い支柱を各株の脇に差し、支柱が安定するように、支柱の上部で、横に支柱を渡し、麻紐などで縦と横の支柱を固定する。更に、斜めに支柱をさして固定することにより、より強固になる。ツルは自然と支柱に絡みつく。

4. 世話②
【種まき1か月半後】
追肥
1m²あたり一握り(30g)の化学肥料を株ごとに分散させて植穴にまく。有機肥料を使用する場合は、N、P、Kが1m²あたりそれぞれ2.5g程度になるよう、量を調節。
例)1m²あたり、鶏糞1握り(30g)、油粕1握り(30g)
※施肥の量、適切な資材の種類は土壌条件によって異なるので成育の様子にあわせて調整。
以後、2週間おきに追肥を行う。

【種まき2か月半後】
株元から小さな白い花が咲き始める。数日後、花が枯れると根元からマッチ棒のような実がつき始める。

5. 収穫
【種まき3か月後】
収穫
開花から10日ほどで収穫。取り頃の長さは15cmほど。はさみで根元から摘み取る。中の豆が目立つほどになると固くなるため、適期を逃さないようにする。初夏の最盛期は成長が早いので、毎日収穫できる。

【種まき3か月半後】
摘心
ツルありインゲンの場合、ツルが支柱の高さまで到達したら、摘心を行う。養分が集中して、実が実りやすくなる。


 

クロッパー'sノート

いんげん2017
インゲンマメ
0
0
2017.04.23
種購入
0
0

ツルなしいんげん
インゲンマメ
0
0
2013.08.04
8/3収穫
0
0

畑B
インゲンマメ
0
0
2013.08.13
収穫
0
0
2013.06.29
発芽
0
0

つるありインゲン
インゲンマメ
0
0
2013.08.11
収穫
0
0

インゲン
インゲンマメ
0
0
2013.09.02
植えつけ
0
0

水耕栽培スタート
インゲンマメ
0
0
2014.04.02
もう少し~♪
0
0

インゲンマメ
インゲンマメ
0
0
2013.06.21
種うえ
0
0
2013.06.13
発芽
0
0

ページ