Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

チンゲンサイ

栽培情報を参考にする

チンゲンサイ

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

アブラナ科アブラナ属

中国野菜を代表する葉物、チンゲンサイ。夏でも栽培できますが、害虫が少なく、とう立ちしにくい秋の栽培がおすすめです。

発芽適温:15℃~35℃
生育適温:15~20℃前後
適正pH:6.0~6.5
画像提供:うめぼしさん

栽培方法
1. 準備
【種まき2週間前】
酸度調整
適正 pH6.0~6.5
※pH6.0より低い数字(酸性)であれば1m²あたり一握り(30g)の苦土石灰でpH0.5アルカリ性に傾く。

【種まき1週間前】
1m²あたり、堆肥は2kg、化成肥料は三握り(約100g)まき、耕す。有機肥料の場合は、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリウム)が1m²あたりそれぞれ8g程度になるよう調節。
例) 1m²あたり、鶏糞3握り(100g)、油粕3握り(100g)

2. 種まき
畝高 5~20cm(水はけのよい高さを畑に応じて調整)
畝間 30cm
深さ 1cm
支柱などを畝に押し当てて深さ1cmの溝を作り、1cm間隔で種をまく(すじまき)。高温期は害虫が出やすいので、種をまいたあと、防虫ネットをかる(収穫するまで、防虫ネットをかぶせておくことを推奨)。

3. 世話
【1週間後】
双葉と双葉が重なりあっているところを間引く。株と株の間隔は3~4cmが目安。

【2週間後】
本葉2、3枚のころ、2回目の間引きを行う。株と株の間隔は6cmが目安。

追肥・土寄せ
1m²あたり一握り(30g)の化学肥料を全体に万遍なく散布。肥料と土を混ぜながら株元に土を寄せる。
有機肥料の場合は、N、P、Kが1m²あたりそれぞれ2.5g程度になるよう、量を調節。
例)1m²あたり、鶏糞1握り(30g)、油粕1握り(30g)
※施肥の量、適切な資材の種類は土壌条件によって異なるので成育の様子にあわせて調整。

【3週間後】
本葉5、6枚のころ、3回目の間引きを行う。株と株の間隔は10~15cmが目安。

4. 収穫
【1か月半後】
草丈20~25cmで収穫。はさみで切り取る。

 

クロッパー'sノート

チンゲンサイ
チンゲンサイ
0
158
2017.09.03
栽培再開
0
5
2014.11.03
更新忘れ
4
7
2013.04.01
栽培開始
0
1

チンゲンサイです
チンゲンサイ
0
152
2015.11.30
今日の収穫です^...
2
10
2013.09.30
種まき
0
1

2017.05.20
1回間引きした後
4
11
2015.02.07
撤収
12
14

チンゲンサイ
チンゲンサイ
0
100
2016.06.28
葉物の収穫
12
23
2015.09.30
ミニチンゲン菜収...
17
30
2013.06.01
発芽
0
1

チンゲンサイ2016開始
チンゲンサイ
0
97
2016.06.06
少し収穫したよ。
8
16
2016.05.28
ビールのあてに
14
22
2016.04.11
今年もチンゲンサ...
5
16

プランター?で種まき。爆
チンゲンサイ
0
80
2014.04.15
間引き
20
14
2014.03.16
種まき
6
6

ミニチンゲンサイ
チンゲンサイ
0
75
2017.09.26
発芽しました
2
13
2017.09.19
種まきしました
0
10
2017.03.13
種を買いました
4
6

百均のチンゲン菜
チンゲンサイ
0
38
2016.10.07
種まき
0
1
2014.04.13
朝食
4
8
2013.10.19
発芽
0
0

バクチョイ
チンゲンサイ
0
37
2015.10.07
籠いっぱい
10
15
2015.09.07
チンゲンサイ追肥
0
10
2015.05.25
植え付け
0
1

2015.08.29
なんとか順調
0
4
2014.10.21
成長中
3
4
2014.08.25
種まき
0
3

ページ