Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

タマネギ

栽培情報を参考にする

タマネギ

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

ユリ科ネギ属

栽培期間は長く、半年以上ですが、病害虫にの被害が少なく、手間がかかりません。一般的な黄色い品種は貯蔵性に優れ、赤い品種は水分量が多く辛みが少ないのが特徴です。

発芽適温:15℃~20℃
生育適温:15℃前後
適正pH:6.0~6.5
画像提供:こばさん

栽培方法
1. 準備
【植えつけ2週間前】
酸度調整
適正 pH6.0~6.5
※pH6.0より低い数字(酸性)であれば1m²あたり一握り(30g)の苦土石灰でpH0.5アルカリ性に傾く。

【植えつけ1週間前】
1m²あたり、堆肥は2kg、化成肥料は3握り(約100g)まきます。有機肥料の場合は、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリウム)が1m²あたりそれぞれ8g程度になるよう調節。
例) 1m²あたり、鶏糞3握り(100g)、油粕3握り(100g)
更に、1m²あたり、熔リンを1握り半(約50g)まき、耕します。

2. 苗選び
タマネギはタネからも栽培できますが、初心者にはより手軽に育てられる苗からの栽培がおススメ。苗は根元の直径が7~8mmで細すぎず太すぎないものを植える。

3. 植付け
畝高 5~20cm(水はけのよい高さを畑に応じて調整)
条間 20~25cm
株間 15cm
深さ 2、3cm
畝の上にマルチシートをはり、株間15cmにて植穴を掘り、根をしっかりと埋める。このとき、分岐部分を埋めないように注意する。

4. 世話
【2週間後】
株元に枯葉が残るようになったら、取り除く。

【3か月後】
追肥①
霜が降りて生長が止まっている間は追肥を行わない。気温が上がり、生長が始まったら、1株あたり1つまみ(3g)の化学肥料をまきます。有機肥料の場合は、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリウム)が0.3g程度になるよう調節。
例) 鶏糞1つまみ(3g)、油粕1つまみ(3g)

【4か月後】
追肥②
2回目の追肥を行います。

5. 収穫
【7か月後】
収穫期になると、葉がしおれ倒れ始める。植えつけた玉ねぎの全体の7、8割が倒れたら収穫。

 

クロッパー'sノート

たまねぎ
タマネギ
0
897
2017.04.22
軟腐病乗り越え法
3
10
2016.04.25
その後のたまねぎ
22
24
2014.01.26
たまねぎ
0
0

2017.03.05
追肥 最終
2
14
2015.05.29
【続】収穫
6
16
2013.08.31
種入手♪
0
0

玉ねぎ
タマネギ
0
258
2016.12.09
草は寒くても伸び...
1
11
2016.05.09
トウが立つことも...
5
28
2015.04.20
種からの玉ねぎ
10
27

タマネギ
タマネギ
0
257
2016.08.25
玉ネギ収穫!
11
19
2016.06.22
玉ネギの草取り
13
25
2013.05.27
水やり
0
0

ホームタマネギ
タマネギ
0
222
2013.11.24
収穫しました♪
3
9
2013.08.16
植え付け
0
0

玉ねぎ
タマネギ
0
200
2015.08.23
種を買いました
2
10
2014.08.31
播種
0
5

玉ねぎ
タマネギ
0
183

たまめみ
タマネギ
0
153
2016.10.23
やっと定植したよ
4
8
2016.06.12
玉ねぎ抜いちゃい...
12
20
2015.01.30
たまねぎ
4
6

ページ