Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

ダイコン

栽培情報を参考にする

ダイコン

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

アブラナ科ダイコン属

日本人になじみの深いダイコン。日本の消費量、生産量は世界一を誇ります。全国で様々な品種のダイコンが栽培されています。好みの品種を見つけて、栽培してみましょう。涼しい気候を好むので、初心者は秋に栽培するのがオススメです。

発芽適温:15℃~30℃
生育適温:20℃前後
適正pH:6.0~6.5

栽培方法
1. 準備
【種まき2週間前】
根が割れないように、30㎝程の深さまで丁寧に耕す。

酸度調整
適正 pH6.0
※pH6.0より低い数字(酸性)であれば1m²あたり一握り(30g)の苦土石灰でpH0.5アルカリ性に傾く。

【種まき1週間前】
1m²あたり、堆肥は2kg、化成肥料は三握り(約100g)撒き、耕す。有機肥料の場合は、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリウム)が1m²あたりそれぞれ8g程度になるよう調節。
例) 1m²あたり、鶏糞3握り(100g)、油粕3握り(100g)

2. 種まき
畝高 5~20cm(水はけのよい高さを畑に応じて調整)
畝間 45cm
株間 30cm
深さ 1cm
一か所に3~5粒種がぶつからないように播く。
不織布で覆うと虫害や乾燥を防げる。

3. 世話
【1週間後】
双葉が開いたら不織布を外す。一か所につき3本残して間引く。

【2週間後】
本葉3、4枚で2株残して間引く。

追肥
1m²あたり一握り(30g)の化学肥料を成長した本葉の真下の位置を目安に撒く。肥料と土を混ぜながら株元に土を寄せる。
有機肥料の場合は、N、P、Kが1m²あたりそれぞれ2.5g程度になるよう、量を調節。
例)1m²あたり、鶏糞1握り(30g)、油粕1握り(30g)
※施肥の量、適切な資材の種類は土壌条件によって異なるので成育の様子にあわせて調整。

【1か月後】
本葉6、7枚で1箇所につき、1本残し間引く。
以後、2週間に1回を目安に追肥。

4. 収穫
【3か月後】
根が直径6cm以上になったら収穫

 

クロッパー'sノート

大根
ダイコン
0
624
2017.10.10
まだまだ
2
21
2016.11.08
大根もこれで安泰
12
31
2014.02.19
掘ったど~。
7
6

大根栽培用ノートです
ダイコン
0
473
2015.12.06
大蔵の収穫,大根...
5
15
2013.09.30
観察
0
1

だいこん
ダイコン
0
414
2017.10.19
二番手が追う
2
6
2016.11.02
太れ~
28
23

三太郎大根
ダイコン
0
364
2017.10.07
三太郎大根
8
23
2015.10.15
三太郎とお黄にい...
14
28
2014.08.21
播種、発芽
11
10

大根の巻
ダイコン
0
314
2017.08.11
だいこん、最後で...
3
26
2017.07.22
2017だいこん...
5
24

春ゆたか
ダイコン
0
239
2017.07.29
食べきれない大根...
4
21
2016.07.12
春ゆたか収穫
11
24
2013.05.30
発芽
0
0

大根
ダイコン
0
217
2017.10.05
浅漬け再開
0
6
2016.02.21
ふぞろいの大根た...
6
10
2013.12.31
お雑煮
0
1

大根役者
ダイコン
0
170
2017.05.13
必ずやられる
2
6
2013.10.17
収穫
25
17
2013.08.20
発芽
3
6

ページ