Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

ショウガ

栽培情報を参考にする

ショウガ

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

ショウガ科ショウガ属

ショウガは種ショウガから育てます。ショウガの辛み成分には血行促進効果があると言われ、体がポカポカとあたたまります。早摘みすると、焼き魚の付け合せとしておなじみの葉ショウガとしても楽しめます。いろいろな段階での収穫を楽しめるのは家庭菜園ならではです。

発芽適温:15℃以上
生育適温:25~30℃
適正pH:6.0~6.5
画像提供:Aiさん

栽培方法
1. 準備
【植付け2週間前】
酸度調整
適正 pH6.0~6.5
※pH6.0未満(酸性)の場合、苦土石灰をまいて調整。1m²あたり一握り(30g)の苦土石灰でpH0.5アルカリ性に傾く。
ショウガは植え付けの際に肥料を蒔くため、土づくりは酸度調整のみ行う。

2. 植付け
種ショウガ選び
種ショウガは食用ではなく、栽培用のものを入手し、傷やヒビのないものを選別する。節になっている部分から芽が出るため、大きな種ショウガは割り、1個につき芽の数3~4に分割する。


溝施肥
溝の深さ 20cm
溝の幅  15cm
区画の中央に溝を掘り、1m²あたり堆肥2kg、化成肥料三握り(100g)を溝に万遍なくまく。肥料が埋まる程度に土をかぶせ、肥料が直接ショウガに触れないようにする。


植付け
芽を上に向けるようにして、種ショウガを30cm間隔で植え付ける。最後に、溝の土を埋め戻す。

3. 世話1
【植付け1か月後】
追肥
1m²あたり一握り(30g)の化学肥料を分散させて株元にまく。
有機肥料の場合は、N、P、Kが1m²あたりそれぞれ2.5g程度になるよう、量を調節。
例)1m²あたり、鶏糞1握り(30g)、油粕1握り(30g)
※施肥の量、適切な資材の種類は土壌条件によって異なるので成育の様子にあわせて調整。
以後、1か月に1度追肥を行う。


敷きワラ
乾燥を防ぐため、株元にワラをひく。ワラは風で飛ばないように、ピンと紐で固定する。追肥はワラの上から行う。

4. 収穫
【植付け3か月後】
葉ショウガの収穫
本葉7~8枚で葉ショウガの収穫。種ショウガを引き抜かないよう、株元を押さえて、慎重に引き抜く。


【植付け6か月後】
根ショウガの収穫
枯れた葉が混じるようになるころ、根ショウガの収穫。掘り出しやすいように、茎を切り、地中のショウガを傷つけないように周りから慎重に掘り進める。ショウガの下に移植ゴテを入れ、テコのように持ち上げるとうまく取り出すことができる。


 

クロッパー'sノート

生姜
ショウガ
0
183
2017.11.05
残りを全部収穫
3
12
2017.10.18
栽培の半分収獲
2
13
2015.04.08
生姜
0
7

しょうが
ショウガ
0
87
2017.11.12
穫り納め
3
16
2017.10.26
香気さわやか
8
20
2017.05.07
植え付け
4
15

2014.09.27
試し収穫
9
15
2013.08.01
伸びてます
15
11
2013.05.27
植え付け
3
4

ショウガ
ショウガ
0
67
2017.10.22
生姜も不作気味
8
11
2016.10.19
手作りジンジャー...
6
18
2016.03.28
ショウガの芽出し...
0
11

生姜
ショウガ
0
64
2017.11.19
初めての収穫
14
10
2017.08.27
ミニ生姜 追肥・...
8
10
2017.05.03
生姜の準備
6
5

ページ