Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

サトイモ

栽培情報を参考にする

サトイモ

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

サトイモ科サトイモ属

サトイモはタネイモから育てます。熱帯アジア原産で、真夏には大きな葉を出し、ちょっとした熱帯気分を楽しめます。高温多湿を好むため、夏場の乾燥に気を付けて、大きなイモの収穫を目指しましょう。

発芽適温:15~30℃
生育適温:25~30℃
適正pH:6.0-~6.5
画像提供:Sayuzo_Bさん

栽培方法
1. 準備
【植付け2週間前】
酸度調整
適正 pH6.0~6.5
※pH6.0未満(酸性)の場合、苦土石灰をまいて調整。1m²あたり一握り(30g)の苦土石灰でpH0.5アルカリ性に傾く。


2. 植付け
植付け
溝幅:15cm
溝の深さ:15cm
タネイモの間隔:50cm

溝を掘り、タネイモを切り口がある方を下にして、芽が出る方を上にして置く。その後、タネイモとタネイモの間に、堆肥を移植ゴテ2杯程度(200g)と化成肥料一握り(30g)をタネイモに直接触れないように置き、溝を埋める。
有機肥料の場合
例) 1m²あたり、鶏糞2握り(60g)、油粕2握り(60g)

3. 世話1
【植付け1か月後】
追肥
1m²あたり一握り(30g)の化学肥料を分散させて株元にまく。
有機肥料の場合は、N、P、Kが1m²あたりそれぞれ2.5g程度になるよう、量を調節。
例)1m²あたり、鶏糞1握り(30g)、油粕1握り(30g)
※施肥の量、適切な資材の種類は土壌条件によって異なるので成育の様子にあわせて調整。
イモが日光に当たると緑化するため、土を盛って露出を防ぐ。

4. 世話2
【植付け3か月後】
敷き藁・水やり
梅雨が明け、晴天が続き、地面が乾いてきたら、藁を株元にひくことで、水分の蒸発を防ぐことができる。藁が風で飛ばないように、紐で押さえる。1週間以上高温が続く場合は、裏の上から水を与える。

【植付け4か月後】
藁の上から、追肥を行う。

5. 収穫
【植付け6か月後】
葉が枯れてきたら収穫のタイミング。掘り出しやすいよう、はさみや鎌で茎を切り取り、敷いた藁も取り除く。株から20cm程度離れたところに、スコップを差し込んで、イモ周りの土をほぐす。イモが外れてしまわないよう、慎重に掘り出す。親イモについている子イモ、孫イモははねじるように引っ張ると簡単に外れる。

長期保存
サトイモは低温を嫌うため、冷蔵庫ではなく、土の中で保存する。穴の深さは30cm程度、親イモと子イモを外さず、塊のまま土の中に入れる。翌年の春まで鮮度を保つことができる。


 

クロッパー'sノート

サトイモ
サトイモ
0
465
2017.10.30
少しづつの作業
7
21
2015.05.02
そろそろ植えます...
16
37
2014.04.03
10キロで間に合...
4
10

サトイモ〜2015
サトイモ
0
223
2015.12.28
収穫 最終。
5
11
2015.08.31
開花〜♪♪♪
11
23
2014.03.30
芽出し
7
6

いい土垂れだど言い
サトイモ
0
151
2016.09.25
試し収穫
2
14
2015.11.23
収穫していたら
7
15
2013.05.17
芽が出た
11
4

サトイモ
サトイモ
0
127
2017.10.27
里芋の収穫
4
9
2017.08.04
追肥など
4
13
2014.12.07
収獲
0
0

試しに里芋。
サトイモ
0
105
2015.10.28
男のほろ酔い料理...
4
18
2015.10.19
収穫~! 上出来...
10
23
2015.05.05
出来るかな?。
7
9

里芋
サトイモ
0
89
2017.11.22
春作ほぼ終了
2
8
2015.12.11
イモ洗い
8
9
2014.12.03
タネイモ
2
9

里芋
サトイモ
0
87
2017.12.03
収穫
0
5
2017.10.07
収穫開始
2
13
2017.04.05
植付
1
5

ページ