Cropnet - Home Garden Community
 Cropペディア -

イタリアンパセリ

栽培情報を参考にする

イタリアンパセリ

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることがあります。

セリ科オランダゼリ属

つけあわせに最適なイタリアンパセリ。殺菌効果もあるといわれています。通常の縮れ種のパセリと比べて、マイルドでほどよい香りや味が特徴です。2年草で花が咲いたら収穫は終わりですが、種を採って増やすこともできます。

発芽適温:20℃前後
生育適温:15~20℃
適正pH:6.0~7.0
画像提供:Akioさん

栽培方法
1. 準備
【準備するもの】
・素焼き鉢(直径30cm)
・鉢底ネット
・鉢底石 1L/鉢
・培養土(元肥入り) 8L/鉢

2. 植付け
1. 素焼き鉢の底にネットを敷く(土が鉢の穴からこぼれないようにするため)。
2. 鉢底石を鉢底が隠れるくらいまで敷き詰める。
3. 鉢底石の上から、鉢の半分の深さまで培養土を加える。
4. 苗を中央に置き、残りの土を加え、平らにならす。鉢の淵から2cm程度はあけておく。

鉢をさらに土に埋めれば温度、湿度の変化が和らぎ、調節しやすくなる。
素焼き鉢がなくても、木枠に防草シートなどを敷くことで、ハーブの広がりを抑えることができる。
種からも栽培できるが苗から育てるのが簡易

3. 収穫
【1か月後】
草丈20cmほどになれば収穫可能。株の外側の葉から切り取って収穫。

4. 世話1
【1か月後】
追肥
2週間に1度、1株あたり1つかみ(10g)の化成肥料を株元にまく。有機肥料の場合は、N、P、Kが1m²あたりそれぞれ0.8g程度になるよう、量を調節。
例)1m²あたり、鶏糞1つかみ(10g)、油粕1つかみ(10g)
※施肥の量、適切な資材の種類は土壌条件によって異なるので成育の様子にあわせて調整。

イタリアンパセリは夏場の乾燥を嫌うため、株元に藁を引いて土の乾燥を防ぐ。

5. 世話2
【越冬】
寒さには比較的強く、不織布やトンネルで養生することで越冬できる。

【採種・播種】
2年目の初夏になると花芽が出てくる。葉も固くなるので新しい苗に替えるか、種採りして秋に播く。
種は好日性なので土をあまりかぶせず、充分に数を播いて間引くようにする。


 

クロッパー'sノート

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ
1
310

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ
0
27
2015.04.11
植え付け完了
0
2

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ
0
18
2016.06.05
水無月。
0
1
2016.04.03
新学期。
2
6
2013.04.27
栽培
0
0

イタリアンパセリ 2016
イタリアンパセリ
0
14
2016.04.10
栽培開始
0
9

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ
0
14
2013.05.17
本葉がおおきく
0
3
2013.05.11
本葉が
2
5
2013.04.07
種まき
0
0

我が家のハーブその7
イタリアンパセリ
0
14
2013.05.14
2
4
2013.04.11
スッキリ
6
3
2013.03.22
水やり
0
1

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ
0
13
2015.08.08
秋播種
0
2
2015.04.12
播種
0
2
2015.03.10
種購入
0
3

2012.04.20
芽がでた!
0
3
2012.04.08
種まき
0
1

2013.05.12
収穫
0
2
2013.04.01
見守り
5
5
2013.02.17
種まき
0
1

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ
0
12

ページ