Cropnet - Home Garden Community
おやき地蔵さんのノート一覧 > チョロギ > チョロギ・総括・2016

チョロギ・総括・2016

(2016.12.10) 3


記憶を頼りに綴る、忘れかけていた俺とチョロギひと夏の愛の物語。

でわ(`・∀・´)っドゾ


チョロギ。去年ネットで画像をみかけて、(世の中にはこんな物体がある。料理人のはしくれとして俺も育ててみなければなるまい。)という謎の使命感に燃えて栽培。

3月下旬
 種苗店にて球根ゲット。税別498円なり。40g入りということなんだけど、多すぎる(´A`)300円でもいいから半分の量にしてほしい。

4月6日
 植え付け。30ℓのプランターに11個。植え過ぎっていうのはわかってるけど、球根がたくさんあるので無理やり埋めた。それでも購入した球根が半分以上余ったのでパートのおばちゃんたちにあげた。

4月24日
 発芽(っていうか植え付けのときすでに一部芽がでてた)。最終的に9株育てる方向で間引き。

7月中旬(→画像)
 開花。シソっぽい。さすがシソ科。ただ、シソの花は料理の飾りに使えるけど、この花は料理の飾りにはちと貧弱。

8月
 イチバン大きい状態で高さ60センチ程度になる。(30ℓプランターに9株でぎゅうぎゅうづめだったので育ちにくかっただけで、環境がよければもっと大きくなるのかも)。シソに比べて茎が細い?なんかピンとしてない。群生してるうえに背後が壁だからいいけど、もし一株だけで育てたら添え木が必要だったかも?と思わされる。

11月下旬
 葉が完全に枯れてガサガサ。収穫のときはきたれり。

 収穫。思ったより実(根)がついてない。こおいうものなのかプランターのせいなのかはワカラン。

ご相伴タイム(アク抜きしていないという根本的な過ちを犯していることを、このとき俺は気づいていない・・・)

ナマ
 そのままパクリ。ちょっと皮が残る感じ。美味しくもまずくもない。
揚げ
 天ぷらに。美味しいがモノが小さいのでおやつレベル、料理としてはちと厳しい印象
焼き
 やらなかった。でも野菜炒めに入れればアクセントにはなるかも
煮物
 ゆでる。美味しい。茹でたものをサラダに入れるといいかも。
蒸す
 蒸すとたいがいのものは風味が出てくるんだけどチョロギも蒸したものがイチバン風味があった。ムカゴやイモみたいな風味。
漬け
 塩漬け。(→画像)粕漬けとかにする前のプレーンな状態なのでなんとなく茎の苦いような味があるだけ。食感はパリパリの手前、ミャリミャリっていう嫌な感じ。ナマのジャガイモに似てる(つまり個人的にはあんまり好きくないってこと)


まとめ

ちゃんと育てればピリ辛で美味しい?らしい(俺は本当に今回はじめてのチョロギで、加工されたものですら食べたことがないので比べられないが俺が今回食べたものに辛味はまったくなかった)

身体にいいらしい(ボケ防止やら脳絡みにいい?らしい)

地上部はけっこうなもじゃもじゃっぷりだったけど収穫はそんなでもなかった。(これはプランターだったのと球根の植えすぎのせいかも)

本来の味はナマのジャガイモのそれに近いかも。まずくはないが美味しいってものでもない。そうなるとせめて食べ応えがほしいのだが小さいゴロゴロしたものの集まりなのでがんばって収穫してもあまり豊作感がなく食べ応えっていうのも期待できなそう。(本来バクバク食べるものではないのではあろうが)

花、葉の見栄えはイマイチ。うちは限られた場所しかないので、チョロギより、株がしっかりしていて葉も収穫できるシソをやったほうがよさげ。

葉はシソの葉のように大きくならないので料理の下に敷いたりするのには不向きとおもわれ。穂先だけ天ぷらにすることはできたかもしれないが今となってはもう遅い。

一度育てて一通り加工して食べただけだけど、一度育てて一通り加工して食べただけだけで「もう、いいかな・・」って感じ。



結論
 じぶんで育てて食べてみて自分なりにどんなものかわかったので満足

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~「チョロギ、サヨナラだ。楽しい夏の思い出を、ありがとよ。」






※ちなみにネットで「チョロギ」と検索すると、「日本チョロギ愛好会」なるページが出てくるんだけど。このサイトは超オススメ。オススメっていうか、チョロギを育てる人は義務として絶対に見なければならないと思えるほどの熱いサムシングを感じた(´A`)

.