Cropnet - Home Garden Community

新春飾り

(2019.01.09) 1

年のはじめに新春の飾りものをこしらえる。
添え物にはそれぞれこんな意味が。

仏手柑:お釈迦さまの手。無辺の慈悲。
 西域はるか火焔山まで飛んだと思った孫悟空だがなんとお釈迦さまの掌の中。
 途方もない大きさに腰をぬかす。
南天:難転としてよく知られる。

紅白水引:おめでたを念じてむすぶ。
 左白.右紅とすべきところをまちがえる。
落雁木型:落雁はご先祖さまに供える和菓子。
 桃の形のくりぬきが美しい。
面取壷:がさがさした陶体が素朴。
 茶の世界ではがさつきがいらつくので伊羅保(いらぼ)手といわれるらしい。


南天が真っ赤で、綺麗ですね。
仏手柑は、どこで手に入れたんですか、珍しい。
2019.01.09
仏手柑めずらしいですね。年末JAで出ていました。

2019.01.09
ブッシュカンと読むんですね。初めて見ました。香りがとってもいいそうで~部屋中漂ってますか?
2019.01.09
ありがとうございます。くんくん嗅いだのですが匂いはさほどでもないです。
指が何本もあってクイクイと曲がっているのが面白いですね。
♪カモンベイビーあめりか♪が聞こえてきそうです。ん?お釈迦様はちがうか。

2019.01.10
あぐりっこさん
仏手柑、私も前から気になっていて、一度実物を手に取って見てみたいと思っています。重い?軽い?果肉は入っているのですかね?
仏の手、栽培したら何か御利益あるかしら(^^;;
2019.01.10
香りはあまりないですか。
カモンベィビー《*≧∀≦》♪受けました~たしかに!息子もふと口ずさんでますよー


2019.01.10
そうですね。重さは軽い方です。果肉はほんのわずか。食用には向かないでしょう。
ご利益ですか?
まず美しい。手をみて無辺際の慈悲とは何だろうと考える時間もあります。
年頃になったせいでしょう。火焔山の向こうにはサマルカンド.カシュガルが...

カシュガルが仄かに見える仏手の先  (爺迷いのつぶやき)

2019.01.10