Cropnet - Home Garden Community
つく種さんのノート一覧 > etc > 暖冬の影響が干し芋作りにも影響

暖冬の影響が干し芋作りにも影響

料理 (2020.01.15) 5

暖冬の影響で朝晩の冷え込みや空っ風が弱く、降水量(降水日)も多い天候が干し芋作りにも影響しています。1/2、1/3及び1/5から干しているホシコガネ、シルクスイート及びベニハルカ、安納こがねは10~13日間で何とか飴色に仕上がったようなので保存袋に入れて冷凍保存しました(画像1,5)。1/9から干しているベニハルカ及びホシコガネはあと僅かで仕上がりでしょうか(画像2)。でも1/13から干し始めたベニハルカ、ホシコガネ(画像3)及び本日干し始めたベニハルカ、シルクスイート(画像4)はこの先雨(雪?)や曇りの日が続くとのことなので仕上がりの方が心配です。

干し芋をいろんな品種でたくさん作っているんですね。
暖冬の影響で寒風にさらすことが出来ないわけですね。
2020.01.15
そうなんです。例年だと最低気温が-2~-5℃で、外に干すのをためらうぐらいの風(作物を栽培しない畑?の土が舞い上がって起こる砂埃)が吹くのですが・・・。干し芋専用品種のホシコガネは良いものができますよ。
2020.01.15