Cropnet - Home Garden Community

あぐりっこさんのタイムライン

ノート一覧
西洋アサガオの植え付け 種まき・植付け (2019.06.18) 1

蔓を伸ばした西洋アサガオ(フライングソーサー)を植え付ける。
育てた苗は10株。6株を植えるつもりで長いプランターを探すが手ごろな空きがない。
やむを得ず短めの素焼きプランターに切り替える。

小さくて3株でいっぱい。3株を里子に出全て読む

四角の素焼きプランター、カッコいいですね。
うちのより、ずいぶん葉が大きいし、元気ですね。
花も大きそう。
1時間前
おかげさまで無事植え付けがすみました。
種ありがとうございます。
さて残る4株どうしましょう。

1時間前

バターナッツ摘芯 世話・見守り (2019.06.18) 1

蘇生術を施しているバターナッツ。
元気を取り戻した様子を見て摘芯する。

栽培経過:3/7種まき(ポット育苗)。3/24鉢上げ。5/9植え付けⅠ(3株)。
     5/25植え付けⅡ(2株)。6/14摘芯(長型3株)。


しょんぼりしていたバターナッツ、元気を取り戻してきたようですね。
そろそろ、本領発揮ですね。
1時間前
復活しました。
手厚い面倒の結果です。
でも労わりはここまで。後は自分で生きなさい! というか暴れ出します。
ドウドウ! そんなに入れ込むなよ~ 今度はなだめ役にまわります。

1時間前

朝の日課 世話・見守り (2019.06.18) 2

きゅうりの収穫が朝の日課に加わる。
収穫後は整枝。2週間ごとに追肥を行う。
きゅうりの根張りは浅いので有機質肥料を株周りに広げるように撒布する。

栽培経過:4/11美咲種まき。4/25鉢上げ。5/2夏すずみ植え付け。5/15美咲植全て読む

キュウリの根は、浅広なんですね。
タイプによって、施肥の、やり方も変えてるんですね。
さすがだなー
《いつも、適当なんで、反省》
1時間前
そうですね。キュウリとちがいナス.トマト.オクラは深く根を伸ばします。
元肥を30cm下に入れておき根を誘導します。追肥も深く差し込みます。

ナスは葉の円形に沿って同心円状に。だんだん広げます。
トマトの根は比較的まとまっているから株周りに3箇所ほど深く差し込みます。
オクラは直根性です。一本が深く深く伸びます。追肥もそれに合わせます。

1時間前

脇芽挿し 発芽 (2019.06.18) 3

水に浸けて発根させたホーム桃太郎の脇芽を植え付ける(fig.1)。
株元を草で覆い保湿(fig.2)。
数日前に脇芽挿しした麗夏が大きく育つ(fig.3)。


脇芽で増殖中ですね。
麗華も脇芽のが活着して大きくなってんですね。
今年は、豊作ですね。
1時間前
殖えてますよ~ 苗もポット育苗.脇芽水耕といろいろやってます。
ハナコ馬は3頭。10本足の馬だから3頭30本。もう一杯になってきました。

1時間前

授粉に精だす 世話・見守り (2019.06.18) 2

梅雨の晴れ間は授粉の好機。一斉に付きはじめた雌花に授粉を行う。
6/8から10日間の授粉回数は15回。
このうちいくつ着果するだろうか。

栽培経過:5/9植え付け(株間90cm.4株)。5/19摘芯。6/4敷き床。6/6着花。
全て読む

今日は梅雨の晴れ間ですか。
それなら、朝から忙しいですね。
受粉作業は、遅くても9時まででしたかね。
タイムリミットととの競争ですね。
1時間前
そうですね。朝9時ころを目安に済ませます。
開花がはじまる6時から9時が受粉受精能がもっとも高い。
昆虫を誘う花粉や蜜も盛んにだします。訪花昆虫もこの時間帯に飛び回ります。

1時間前

さつまいも活着 世話・見守り (2019.06.17) 2

6/6に植え付けたさつまいも(ベニアズマ)が活着する。
1週間とかからない。晴天と雨天の頻繁な入れ替わりがよかったようだ。
早朝東の空に太陽が顔をのぞかせる(04:40 am)。

栽培経過:6/6船形植え(畝間45cm.株間30c全て読む

活着完了ですか。
秋に向かって一歩前進ですね。
17時間前
ありがとうございます。
ともちゃん.ゆりちゃんが大喜びします。焼き芋美味しいな!

8時間前

ふくらむ果実 世話・見守り (2019.06.17) 3

見ない日が一日あるとメロンのふくらみが増したように思える。
品種ごとの特徴もでてくる。
Fig.1:ディアボロ。Fig.2:夕張。Fig.3:伸びた蔓がバジルにとどきそう。

6/5から12日間の授粉実績:
ディアボロ(仏)27.全て読む

晴れの日は、授粉のチャンスですね。
暑いけど、おー忙しですね。

夕張が頑張っていますね。
17時間前
ありがとうございます。
今週は梅雨の中休み。前半晴れ後半曇りの一週間予報が出ています。
貴重な機会です。授粉もそうですが受精後の育ちもスムーズに往きます。

8時間前

施肥 世話・見守り (2019.06.17) 1

晴れの日を選んで落花生に醗酵鶏糞を施す。
ここは元肥を入れていない貧栄養の土地。
しかし前作のじゃがいもが食い残した肥料分があるはず。

そこで醗酵鶏糞は株元に薄撒きとする。
このあとは黄色い花が咲きだしたとき、子房柄が伸びはじめ全て読む

ジャガイモのあとなんですね。
落花生は連作障害が強いって読みました。
うちは、プランターなので、連作になったかどうか不明のまま栽培しております。
(^^)
17時間前
プランターならたえず土の入れ替えがあるから心配ないですね。
落花生もマメ科。連作障害はあります。

ここは昨秋、かぶと春菊を作りました。昨夏がメロン。昨春がスナップえんどう。
マメ科は1年前ですね。
作物の連作障害には気を遣います。記録を取って輪作のよりどころとしています。

8時間前

夏すずみ摘芯 世話・見守り (2019.06.17) 2

夏すずみがアオ馬の上段に達する。
植え付けから1か月余りと速い。
これ以上は伸ばさず脇芽を茂らせてそこに果実を実らせる。
ゴールテープを切った株から頭もジョキンと切り落とす。

栽培経過:4/11美咲種まき。4/25鉢上げ。5/2全て読む

夏すずみの摘芯が始まりましたか。
このあと、胡瓜の大量収穫が始まるんですね。
収獲は、7月ぐらいからですか?
17時間前
大量収穫は助走に入りました。
いまは毎日2~3本ですがじき5本6本となるでしょう。
それがひと月続きます。

すると潮が引いたように採れなくなります。株の疲れですね。
約ひと月半できゅうりはお終いになります。
一昨日三番手の種まきをしました。先発が降板するころ交代させます。

8時間前

多産なジョーヌベール 世話・見守り (2019.06.17) 1

ズッキーニ3品種の中でもっとも多く実を付けるジョーヌベール(UFO型)。
採った翌日には次の果実が大きくなっている。

栽培経過:3/7種まき(ポット育苗)。3/24鉢上げⅠ。3/30鉢上げⅡ。
     5/5植え付け(畝間45c全て読む

次々と収穫できているようですね。
毎日ですか、すごい勢いですね。
(^^)
17時間前
はい。そうです。毎日UFOが飛んで来ます。
手で捕まえられます。

8時間前