Cropnet - Home Garden Community

あぐりっこさんのタイムライン

ノート一覧
花に埋もれるそらまめ 世話・見守り (2018.04.23) 3

ふくらんだ民豊がネモフィラに埋もれる(fig.1)。
葉の先できょろきょろ。アブラムシをねらうテントウムシ(fig.2)。
民豊の足元にはビオラも色を添える(fig.3)。



リムナンテス (2018.04.23) 2

リムナンテスが大きく華やかになる。50cmの大株までもう少し。



捕食も子づくりも (2018.04.22) 1

なんとも欲張りなテントウムシのつがいを見つける。
アブラムシを捕食しながら子づくりにも精をだす。
精力的な光景に見入ってしまう。

二匹には申し訳ないがよそに立ち退いてもらい、アブラムシの密集する枝は刈り取って踏み潰す。
これもい全て読む

テントウムシが来てくれてるんですね。
あたしとこも、来てほしいですね。
《あたしとこも、アブラムシがそろそろ来そうです》
23時間前
テントウムシとアリがいるそらまめはきまってアブラムシが付いてます。
うちは枝ごと伐りとってゴシゴシ踏みつぶします。
たかられた実もためらわず取り去って潰します。
高圧水で飛ばしたり粘着テープでペタリより手間がかからず効果的ですよ。

15時間前

デコラティブ (2018.04.22) 1

カラフルな冬越しレタスがもりもりに。
鮮やかな色とりどりのミックスレタスは花畑のようだ。

色とりどりで、きれいですね。
観葉植物のガーデンみたいですね。
23時間前
ありがとうございます。
冬越しの株はおおきくなりますね。カラフルで楽しいですよ。

15時間前

スナップ&豆の助 世話・見守り (2018.04.22) 4

伸び盛りに入ったえんどうたち。丈は1m前後となる。
右からスナップ.中・左は豆の助(fig.1)。
赤紫色の花を咲かすのはジョブカメ(ツタンカーメン.fig.2)。
スナップエンドウの伸びは速い(fig.3)。
豆の助の花つきはゆっ全て読む

あぐりっこさんとこと、あたしとこにあるので、失敗しても、心強いですね。
(^ ^)

《ジョブカメは上へと伸びていってるので、どこまで伸びるか、やってみようと思ってます》
15時間前
伸びてますか。うちのも1mを超えました!

15時間前

仏トマト 発芽 (2018.04.21) 1

今季はフランストマトにチャレンジ。
「サンピエール」は大玉で糖度たっぷり。
「ショコラ」は文字通りチョコレート色のキュートな一品。
「レイカ」はS社のもの。いずれも元気に発芽する。


ぽっちと出た双葉が二日間で大きくなってます。
暑いくらいの陽気のせいですね!
もっとぐんぐん育ってほしいと気合を入れてます。河内からもお願いします。

1日前
\(^o^)/ 応援しま~す。
ガンバレー
1日前

待望の発芽 発芽 (2018.04.21) 1

メロン栽培はフランス・イタリア産の3品種。いずれも順調に発芽する。
「レンヌ」は丸っこい灰色の実で甘い果汁たっぷり。
「ディアボロ」も甘さでは引けをとらない逸品。
「ジョーヌカナリ」はイタリア産の冬メロン。長期保存で甘い果実を美味しく全て読む

甘いメロン発芽しましたか。
これから楽しみですね。
《去年もたくさん出来ましたよね》
1日前
ありがとうございます。
去年はキューピットでした。丸っこく甘いのがたくさん生りましたよ。
今季は優れもの揃い。さてどんな生り物になりますか...楽しみです。

1日前

アイリス (2018.04.21) 3

早くもアイリスが咲き出した。
凛とした姿の青色。ふくよかな花弁の白色。華やかな黄色。
今季はいつになく咲きが早い。
5/上はアヤメの季節。周りの枯れ草を片付けてアヤメの花時にも備える。

背の低い方のアヤメは、ポロポロと咲いております。
背の高い方はまだですねー。
咲きだしたら、アップしてみます。
(^.^)
1日前
そうですか! 咲き出したんですね。 アップ楽しみにしています。

15時間前

モッコウバラ (2018.04.20) 2

くぼ地の農園には巨大なモッコウバラがしだれている。
それがこの時季になると黄色い花をいっぱいに付けて滝のように降りそそぐ。
下から見上げると黄色いシャワーに打たれたような気分になる。

モッコウバラが咲き出しましたか。
もう五月の季節ですね。
黄色い満開の花、きれいですよねー。
3日前
ありがとうございます。
ここ数日ぽかんと口を開けて見上げることが多いです。アホかな。笑

2日前

芽掻き&土寄せ 世話・見守り (2018.04.20) 3

じゃがいも127株の芽掻きをする(fig.1)。
丈夫な芽を残して二本仕立てに(fig.2,サヤアカネ)。
芽掻き後は株元にたっぷりと土寄せをする。もうチビ芋の姿も(fig.3)。

じゃがいもは前作の残り肥でも育つから施肥はしない全て読む

ありがとうございます。
種芋はもちろん購入種です。前作の残りを植えたこともありましたがダメですね。
ウイルスに侵されているか分からないし収量も劣ります。
やはり素性のしっかりした種芋を季節ごと求めた方が賢明です。

2日前
やっぱりそうでしたか。
私も以前前作の芋を使ったことがありますが、ダメダメでしたね。
土が悪いのか私が下手なのかと思っていましたが種芋に原因があったのですね。
ちょっとスッキリ。
12時間前