Cropnet - Home Garden Community

あぐりっこさんのタイムライン

ノート一覧
いんげん初収穫 収穫 (2020.07.12) 1

いんげん・れんたろうを初収穫する。
か細い実は一向に大きくなる気配がない。

植え付け時季が遅かった。地力が乏しい。
日照不足の影響など原因は様々考えられるがいずれにしても腕が悪いせいだ。
反省することしきり。

栽培経過:5全て読む


とろけてます (2020.07.12) 1

アマンタ(インドネシア産)を追熟する。
第1果(右.径15cm.1.5kg)は9日目。
実が柔らかくなりヘタ(果梗)が陥没。香しい匂いがただよう。

第2果(左.径14cm.1.3kg)は5日目。
実はまだ硬く仕上げにはしばらく日全て読む


梅雨時の手入れ 世話・見守り (2020.07.12) 2

多湿高温の梅雨時は適切な手入れが決め手となる。
下葉と枯れ葉の摘葉。込み入った蔓の摘除。
風通しをよくし、少ない日照を葉が受けられるようにすると、盛季をすぎても生き長らえる。
これでさらに2週間はもつだろう。

栽培経過:3/31全て読む


雨中の収穫 収穫 (2020.07.12) 1

マダーボールを採り上げる。2果目である。
計測したら1.8kg。皮にはかすかな亀裂があるが実割れもせずに仕上がる。

栽培経過:5/5植え付け(株間90cm.4株)。5/31初授粉。7/2初収穫。



ふくらむディアボロ 世話・見守り (2020.07.11) 2

ディアボロ(仏)がふくらみを増す。
授粉後30日を経過し果実は重さ1kgほどに(fig.1)。
強かった草勢も収まり枯れ葉がめだつ(fig.2)。

止むことを知らない雨は8日間も降り続く。
早く太陽の顔がみたい。太陽がでれば熟成全て読む

ジョブさん。ほんとに太陽さん見たいですね。
でも雨つづきの後の太陽は注意が必要です。

メロンやスイカは実割れを起こします。水分過吸収でパンパンだからです。
葉物は回復不能なほどげんなりします。慣れない高温が植物体を傷めるからです。
人間だってそうじゃないですか。日照りは熱中症を招きます。気を付けましょう。

6時間前
youko さん。ありがとうございます。
そちらのディアくんにもたっぷり太陽をあびさせてあげたいですね。
そろそろ雌花ワンサカでしょうか。

6時間前

除草&土寄せ 世話・見守り (2020.07.11) 3

栽培する落花生は半立ちとおおまさりの2種類。
96株がこんもりと茂ってきた(fig.1)。花の付きもよい(fig.2)。
おおまさり(右2列)は半立ちの倍ほども盛り上がる(fig.3)。
種豆は今春のんびりカフェさんから分けていただく全て読む

ジョブさん。ありがとうございます。いい感じで育ってます。
子房柄が落ちる7/下から要注意です。
去年株元を掘り返されて白い幼果が点々ところがったのです。

エ~ッ! なにこれ~~ 信じられない光景が目の前に。
犯人を捜して数日後。猫が幼果をむさぼっているのに二度びっくり!
猫も食うんだあ。今年はネットを張り巡らします。

7時間前
のんびりさん。ありがとうございます。
そちらのマサルくんも太陽が出れば盛り返すでしょう。
優秀な種豆です。成長のちがいが一目でみてとれますね。

7時間前

徒然なる時などない 種まき・植付け (2020.07.11) 1

降り込める雨でなにもできない。
徒然なるまま時がすぎていくのはもったいない。
雨が止んだ隙にレタスの小苗を植え付ける。こうすれば梅雨明けを待たずに利用できる。

栽培経過:6/4種まき(ポット育苗)。6/15,17,7/7植え付け。全て読む

youko さん。ダッシュ&じょろ de ジャバジャバ。
指プッスン&苗ホイホイ。30株なんて5分であがり!

したらザ~ッ! おお~ きたか。また猛烈ダッシュ。
斜面左手のラズベリーブッシュは用心そろ~り。滑ったら悲惨なことになるよ~ん。
何? 引っ掻かれればもっとイイ男になるってかい?

7時間前
なるほど、スケジュールばっちりですね。
こちらまだ行き当たりばったり、ちょっと計画たててみようかなぁ。
46分前

いんげん 世話・見守り (2020.07.10) 1

いんげん・れんたろうがようやく茂るほどになる。
ポットで徒長気味だった苗を5/26に植え付けたもの。

蔓ありと思って種袋も見ずに購入したら「蔓なし」。
落花生の畝間を90cm空けたと思い数条すぎて振り返ると70cm。
こうした思全て読む

メモがなくてもだいじょうぶ→メモしとこう→メモどこに書いたっけ←今ココ
今年はインゲン蒔き忘れたので、来年は忘れないようにメモメモ。。。
43分前
そうかあ。まだいいよ。メモ書いたのも忘れてる~

5分前

七夕 収穫 (2020.07.10) 1

初々しい織姫と溌剌とした彦星。
年に一度の逢瀬の日にも恨めしい雨がじゃまをする。

織姫はきゅうりの七花で。彦星はラベンダーの七穂で。
逢瀬の架け橋を飾りつけて二人を慰める。
長引く梅雨前線が一刻も早く九州地方から消え去さってほし全て読む

天の川から落ちてきたキュウリですね。
最近の梅雨の豪雨、困った気候になってきましたね。
《もう毎年になりそうで、やめてほしい》
1日前
そうですね。列島の1.5km上にかかる梅雨前線は「空の河」というのだそうです。
含まれる水の量は換算すると、流量が最大の信濃川(420kt/sec.)の800倍。
それが土砂降りとなって落ちてきます。

本当にもう遠ざかってほしいですね。今週も火~水がまた大雨の予報です。
気をつけましょう。

7時間前

サラダトッピング 収穫 (2020.07.10) 2

中玉フルティカとスイートバジル。夕ご飯のサラダに付け合わせる。


必要な分だけ、穫ってくることができるのが、家庭菜園のいい所ですね。
食卓が、ランクアップしますね。
1日前
食卓と畑がつながっているからキッチンガーデンの言葉が出来たようです。
新鮮な野菜を味わえるのはありがたいですね。
プランターでもできるから「巣ごもり」にはうってつけです。
これからますます流行るでしょう。

7時間前