Cropnet - Home Garden Community

あぐりっこさんのタイムライン

ノート一覧
落果相次ぐ 収穫 (2017.08.22) 1

パッションフルーツの落果がつづく。
6/中の授粉から2か月。ポトリは拾い集めてさらに2週間ほど籠で寝かせる。

しわが寄り甘くむせる匂いが立ってきたら二つ割りにして食す。
口中いっぱいに南国の香りが広がる。
アイスクリームにのせる全て読む


バターナッツの採り入れ 収穫 (2017.08.21) 2

どたん。足を投げ出すバターナッツ。
ベージュ色の肌。割れ目も数本。これって採り頃のサイン。
「もういいかい?」そう声をかけたら「もういいよ」。
草むらからすかさず採り上げる。


ミニカボチャなんですか?
うちのは50cm超になるのも珍しくありません。
草むらからごろんと出る姿にはたしかにびっくりさせられますね。
1日前
TVでやってたバターナッツで、ミニカボチャと言ってたように思ったんですけど。
でも、50cm超えをミニカボチャとは言わないですね。
《普通とミニの2種類あるんですかね》
1日前

来季再び Ⅱ 収穫 (2017.08.20) 1

褒めあげたマダーボールもとうとう最後の2玉となる。小さくても甘味はぎっしり。
マダーボールは自然授粉してくれるから手間いらず。とても作りやすい。
多産系だからたくさん実をつける。
ただ難点がひとつ。評判を呼んで苗が真っ先になくなること全て読む

マダーボール (O_O)
ラストですね。
あぐりっこさんのを見て、マダーボール探しましたが、なかったですね。それで、なんとなく似たラグビーボールつうのを、買いました。(やっぱ人気あるんですね)
《来年は、ゲットしたいと思ってます》
1日前
そうでしょう! マダーは当地でも売れっ子。
ぼやぼやしていると綺麗さっぱり何もなし!を経験しています。
仕方なく飛行船ラルク.タヒチなどに乗り換えましたが...う~ん。いまひとつ。
ほらよく言うじゃありませんか。 逃した魚は大きいって。
1日前

来季再び Ⅰ 収穫 (2017.08.20) 2

こだますいか「幸福」完。
黄色い外皮とは打って変わり果肉は鮮やかな真紅。包丁を入れたときの意外性が楽しい。
甘さも十分堪能できる。4株から12個ほど収穫しただろうか。
来季も作りたい品種のひとつに入れる。

幸福の収穫は、最終章ですか。
そう思うと、ちょっと寂しいですね。

幸福って名前がまずいいですね。
あと、切って並べたところの、黄色と真紅のコントラスト、見てみたいですね〜。
きれいで、美味しんでしょうね。
(^。^)
1日前
長い期間楽しめましたよ。
大事に育てた苗が実を結び、まあるい黄色の実となってこぼれだす。
なんとも贅沢ですね。
来季はこども達にも植え付けから収穫まで体験させるつもりでいます。
1日前

ヒビとイボ 収穫 (2017.08.19) 4

飛び地で栽培中のかぼちゃを収穫する。
甘旨にはヒビが入り(fig.2)、北海ほっくりにはイボ(がんべ)※がつく(fig.3)。
ヒビもイボも食べ頃のサイン。取り上げたらどれもずしりと重い。
秋の味覚、ほくほくかぼちゃが転がり込む。
全て読む

グッドジョブさん。イボイボは見てくれはよくないですが完熟の証だそうです。
イボがなくても追熟すれば糖化しておいしくなりますね。
ちいさいのが出来ましたか。うちは皆取り除いてますよ。
末生りはソレナリにしかならないから。来季に元生りで気合を入れましょう!
3日前
つく種さん。洒落た訳ではないですが...北海道の方言でしたか。
どこの言葉かなあと思いましたよ。
3日前

初収穫 収穫 (2017.08.18) 2

しょうがの清々しい香気は気分をリフレッシュする。
種しょうがを植え付けたのは5/7。3か月が経った株は葉を茂らせる。初収穫し食卓に乗せる。

口のなかを爽やかな香りが突き抜ける。ぴりりとした辛さもほどよい。
切り落とした葉は束ねて冷全て読む

収穫した二本はいかがでしたか。
感激されたですか。
古根もゲットできるとは思いも寄らずでしたよ。得した気分です。
4日前
一人一本なんで、あっという間になくなりました。
でも、自分で作った葉生姜は、格別でした。

想定外のゲットがあったんですね。
それは、ラッキーでしたね。
4日前

大きなショウリョウバッタ※をやぶかんぞうの草むらに見つける。
8cmはゆうにある。個体は雌♀が雄♂を2倍ほど上回る。大きさからしてどうやら雌らしい。

8月に入りぐずつき模様の天候が続く。晴れてほしい。
そう思っていたら午後少しの時全て読む

ぐずついたままの秋はいやですよね。
10日ほどカッと晴れてくれたらいいのに、ですね。
あたしとこは、いつもいつも、手遅れぎみで進んでますので、相変わらず捗っていません。
そろそろ、トマトを諦めようかなってレベルです。
《あぐりっこさんが、トマトをやめた時に、合わせときゃ良かったのに。ですね》
(^。^)
4日前
そうかも知れませんね。
天候の先が読めないのにはホトホト困り果ててます。
4日前

実り&代替わり (2017.08.16) 2

ポトリ(自然落果)を今朝も草むらの中に見つける(fig.1)。
これでポトリは4個。梅雨に授粉したものがあと7個、つるで熟季を待っている。
そのつるが脇から四方八方へ伸びる。
元気のよいつるを刈り取り来季の挿し穂として準備する(fig全て読む

はいー。二匹います。(^。^)
5日前
うへっ! それは大変。どこかに隠さなければ。
5日前

半返し (2017.08.16) 1

まばらになったすいかを採り上げる。
今年は父の新盆。迎え日には大振りのすいか.なす.きゅうりを御仏壇に供えた。

盂蘭盆の数日はあっという間に過ぎる。今日は詰まりの送り日。
父には一年後また遊びにきてもらおう。
畑の生き物にはマダ全て読む

ご尊父様の新盆(こちらでは初盆って言います)でしたんですね。
滞りなくお送りできたようで、なによりです。

《あぐりっこさんの、丹精込めた野菜・スイカは、さぞかし喜ばれたことと思います》
(^^)
6日前
ありがとうございます。
昨日が送り盆でした。ナスとキュウリの馬は引っ込めて。
すいかは父の食べたあと母のお腹にすっかり納まりました。笑
6日前

タカサゴユリ (2017.08.15) 1

タカサゴユリが咲き出す。立秋の頃から優美な立ち姿をみせてくれる。
タカサゴユリ※は侵入生物。
一昨年ともちゃん(当時5歳)に間違って「ササユリ」と教えてしまった。
今年は訂正してただしく伝えておこう。7歳にもなれば侵入生物の意味も分か全て読む

タカサゴユリっていうんですか、あたしんとこに咲いてるユリも、これだと思います。
はじめ一本だったんですが、だいぶん増殖しました。
(^ ^)
6日前
タカサゴユリは繁殖力旺盛。みるみる殖えていきます。
見比べてください。意外とこれに当たることがうちの周りでも起きてます。
6日前