Cropnet - Home Garden Community

りょうかんさんのタイムライン

ノート一覧
土寄せと追肥 (2016.07.19) 1

まぁまぁな早さで生長中です(何株かは鹿にやられましたが)。土も乾いているので中耕除草と追肥を実施。追肥は前回使った元肥の余りを1㎡あたり20g程しています。
また、お盆前あたりに再度化成肥料(NK化成)を少量施します。結構大きな株となり、全て読む

鹿と言えば葡萄の葉っぱを好むイメージがあります。何かの童話で読んだ記憶がありまして。(^-^)
豆の葉はトウミョウですかねぇ。
2016.07.26
童話ですか~。

気になって調べてみたらイソップ童話でした。海外と日本では葡萄を植えつけている立地条件がまるで違いますから、鹿が食べる葉のイメージも異なるのでしょうか。う~ん、勉強になる。

鹿はことごとく新芽を食べつくすので、肉にしてやりたい・・・。ムキー!
2016.07.26

育つ赤ん坊 (2016.07.19) 2

稲の茎中では穂がすくすくと育っています。穂ばらみ期です。もう米粒の数は固定されていて、後はこの粒をしっかりと太らせることが重要になります。出穂は来週、気温がぐんぐん上がるので、米が白くならないか心配です。

あとカメムシが発生しませんよ全て読む


小さなひまわり畑6 世話・見守り (2016.07.19) 2

お盆用のミニヒマワリが雑草生い茂る中、開花の準備を整えています。一応8月上旬に開花開始予定ですが、少し早まりそうです。先日の雨の跡に追肥を低度化成2~30g/㎡と控えめに施しています。

次回がミニヒマワリ最後の更新になりそうです。播種全て読む


稲をいじめましょう 世話・見守り (2016.07.05) 2

本来は6月終旬に中干しを終えていないといけないのですが、収穫時のコンバインが動きやすいよう、長く土を締めていました。出穂期まであと20余日、これからまた水を溜めます。

出穂期:稲穂の半分が顔を出した状態の時期。暑いと早まります。

全て読む

こちらでも、畑のそばにある水田の中干しが終わり、今日から用水路の通水が再開されたようです。カラス等の餌食にならず、生き延びたアメリカザニガリ、フナ、タニシ等には恵みの水、当然家庭菜園にも恵みの水となります。
2016.07.20
子供のころ、中干し後にどこかしら残った生物を、夏休みに網を持って探し回った記憶があります。通水したことで、また景色が変わりますね。
2016.07.20

開花期も後半戦に。4月播種分はボチボチ片付け準備です。天候不順が続いていたせいか、義理の両親が言うには売れ行きはポツポツ。
ただ、本命は3枚目写真の盆前用なのでワクワクしときます。自分のではないけど財布・・・ではなくて笑顔がホクホクになる全て読む

正確には、義理の両親が片手間で出荷していて、自分は只のサラリーマン。つまり家で家庭菜園しながら、嫁の実家で農業のお手伝いをしています。作業後の一番絞りが給料です。売れれば、褒美がプレミアムモ○ツになる・・と良いなぁ。

花の種は、品種がつぎつぎ変わるので、物によっては探しにくくなりますね。なので自分は、一般的な品種しか作っていません。花の種の世界は奥が深すぎて正直異次元です。
2016.07.05
ヒマワリを見ると夏だなぁ~って感じます。
そちらは一足先に夏を気温でも感じていると思いますが、岩手は今日は寒くて寒くて厚手の長袖を出しました。ストーブもコタツもまだ片づけられません。
2016.07.05

植付方法が特殊です 種まき・植付け (2016.07.05) 1

苗作りが終わり、梅雨のあいまに悪戦苦闘して植えました。写真は定植後1週間経過しております。途中報告するのを忘れておりました。

株間は50cmで1条植え、元肥は地元の黒豆専用肥料を規定の3分の1ほど施しています。野菜の跡地はボケやすいの全て読む

いいですね-こんなに大きくなっているのですね。
私はこれから週末に種まきです。だいぶ遅れていますが何とか生ると思っています。少し心配です。
ちなみに枝豆用です。
2016.07.05

小さなひまわり畑4 収穫 (2016.06.26) 2

4月初旬に播種したひまわりが開花期を迎えました。予想では太陽の向かって挨拶してくれると思っていたのですが、あいにくの天気で、みな思い思いの方向に咲いてくれやがります。

播種時に6月下旬開花と予測したとおりとなりました。ただ、雨が多く、全て読む

素敵です。ヒマワリ大好きです。夏の北海道みたいです。
2016.06.29
広大なひまわり畑、見てみたいですね!
2016.06.30

本場!・・・の近くで栽培 準備 (2016.06.17) 4

兵庫県には六甲山脈があり、阪神タイガースの球団歌の詩にある「六甲おろし」の由来にもなっています。この六甲山脈より北に広がる中山間地域では黒豆の栽培が盛ん。有名なのは丹波篠山黒大豆です。

晩生品種となるこの豆は早生と異なり播種時期がシビ全て読む

りょうかんさん、畑がまだまだ空いていますので挑戦します。
2016.06.18
黒豆の枝豆は美味しいですよね
わたしもこれからは蒔こうと思います。
2016.06.20

草刈のお手伝い (2016.06.06) 2

田植えから1ヶ月。

まだまだ気温は暖かくなっても、夜温の低い山間では稲の生長はのらりくらりといったところ。中干しまで浅水管理です。
中干し:田んぼを乾かして茎数を制限したり、根張りを良くする作業

親子を招いた田植体験の講師ボラ全て読む

兵庫県ではそこそこ雨が降っており、まだ水の心配はありません。とはいっても、近年は気候変化が激しくて管理が難しいです・・・。

夜はカエルの合唱、窓には張り付いたトカゲに天井の梁にはツバメが寝ております。子供にとってはちょっとしたワクワク・キャンプ気分かもしれませんね。
2016.06.06
エビちゃん可愛いですよね。田んぼの長老みたいで。(^ー^)
近所の田んぼもカエルのゴスペルが響きます。本人は苦手ですが美声に聞き惚れます。
2016.06.15

小さなひまわり畑3 世話・見守り (2016.06.06) 2

わさわさしてきました。

本日は5月22日に定植した区画の追肥で、量は前回同様化成肥料(15-10-10)を1㎡あたり60gほど。前日の雨で中耕除草は中止。雑草に負けないよう祈るばかり。
4月29日に定植した手前の区画は蕾ができており全て読む

整備されていて咲いたらきれいでしょうね
私は連休に直播しましたが、背丈がばらばらで追肥をするか迷っています。
2016.06.06
自分「綺麗に管理できてるって」
妻 「ハァ?」
部屋の片づけが下手糞な自分は、妻に信じてもらえません。咲くまでまったらドヤ顔で自慢しよう。

ひまわりの種は大小によって発芽勢と初期生育速度がまるで違うので、選別しないとバラバラになってしまいます。連休に直播しているなら、ある程度肥料分も流れるでしょうから追肥したほうがいいかもしれませんね。梅雨に入るとなかなか畑に入れませんし・・・・。

ちなみに5月末にお盆前用のひまわりをまた蒔いてます。今は双葉~本葉展開前ぐらい。6月半ばにスイカのテグス張りをするので、そのときにまた紹介します。
2016.06.06