Cropnet - Home Garden Community

つく種さんのタイムライン

ノート一覧

kikuさんお勧めの「ほまれの極み」を使った遅まき・遅植えによる早春獲り栽培、暖冬の影響で収穫時期(2月中~下旬の予定だった)が早まってしまったようです。でも球頭部を結束し畑で貯蔵しているハクサイよりも新鮮で傷みも少ないです。

つく種さん、こんばんは。ほまれの極み収穫おめでとうございます。
やはり頭部結束したものより鮮度が良さそうですね。
おすすめしておきながら私は今シーズンはパスしました(^^;
ここのところタイニーシュシュから始まり冬の祭典、ほまれの極みのリレー栽培だったのですがたくさん作っても食べきれず冬の祭典が2月いっぱいぐらいまで頑張れるので今シーズンはタイニーシュシュと冬の祭典だけ作りました。
2020.01.21

モズがやって来た 世話・見守り (2020.01.17) 1

寒起こしをするためキャベツ・ブロッコリーの残渣を片付けていたらモズがやって来て畑の虫(アオムシ、カブラヤガ、タマナヤガ)を捕食してました。きっとどこかで私の行動を監視しているのでしょうね。


植え付けは例年どおり2月中旬、1月16日から2階の陽が当たる窓際に置いて浴光催芽を始めました。いつものように収穫した塊茎の一部は秋作栽培用の種いもとして使用します。

春作始まりですね。6種類ですか?
2020.01.18
はい、6品種です。1m幅×12m長の畦に30cm株間・2列植えで80株、マルチ・トンネル栽培なので種イモが腐らないよう無切断で使用します。余った分は普通栽培(食用)にまわします。
2020.01.18

暖冬の影響で朝晩の冷え込みや空っ風が弱く、降水量(降水日)も多い天候が干し芋作りにも影響しています。1/2、1/3及び1/5から干しているホシコガネ、シルクスイート及びベニハルカ、安納こがねは10~13日間で何とか飴色に仕上がったようなので全て読む

干し芋をいろんな品種でたくさん作っているんですね。
暖冬の影響で寒風にさらすことが出来ないわけですね。
2020.01.15
そうなんです。例年だと最低気温が-2~-5℃で、外に干すのをためらうぐらいの風(作物を栽培しない畑?の土が舞い上がって起こる砂埃)が吹くのですが・・・。干し芋専用品種のホシコガネは良いものができますよ。
2020.01.15

さすがに早生品種です、暖冬の助けもあってか大きな蕾(腋芽)が獲れるようになりました。漬物、炒め物、後は・・・。

大きな蕾がついてますね。
美味しそうですね。

2020.01.14
少し傷み(凍害)かけてはいますがOKでしょう。四川児菜の蕾は未だ小さいです。
2020.01.14

残りの品種を掘り上げましたがこちらも個重型の傾向ですね。グラウンドペチカには400g級(最大440g)の塊茎が着いてました。でもデジマの肌は皮目肥大の影響で汚いですね。皮目肥大は栽培した場所が水田に接し、土壌が過湿状態だったこと(水田から遠全て読む

ありがとうございます。グラウンドペチカは元品種のレッドムーンよりも多収で二期作もでき、家庭菜園向きの品種です。
2020.01.14
ありがとうございます!大変参考になります。
2020.01.15

一昨日の最低気温は-4.9℃、畑の土も霜柱で持ち上げられるようになってきたので凍みる前に掘り上げました。今後我が家の料理には芽が伸びてきた春ジャガに代わって新(秋)ジャガが使われます。

大きいですね。キタアカリは男爵薯とツニカ(東独)を交配して育成された品種で、本来男爵薯に比べると芽数が多く、芋の大きさも小さ目(ツニカに似て)なのですが、秋作だと芽数が少なく芋の数も少なくなる分大きくなるのでしょうね。私は秋作用の種芋は自家生産しているのですが、大和農園等で北海道産の種芋が販売されてます。
2020.01.08
そうなんですね、秋じゃがを作るときはキタアカリ検討してみます。
ありがとうございましたm(__)m
2020.01.09

新年早々のイモ掘り、今年の干支にあやかったのでしょうか、ミッキーマウスの形をしたイモ(レッドムーン)が出てきました。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

ミッキーマウス型、なかなかお目にかかれる形ではないですね。新年早々タイミングもバッチリで。

これは二次成長ということになるのでしょうか?
2020.01.03
明けましておめでとう御座います。二次成長だと思いますが、リアルに3個のイモがくっついた様で、今まで見たことがないです。しかも栽培期間が短い秋作なので?
2020.01.03

今朝は今季一番の冷え込み 世話・見守り (2019.12.29) 3

昨晩からマイナス気温が続き、最低気温は-4.0℃、畑に置いてあるバケツの水が1.3cmの厚さで凍り、畑の土は霜柱で持ち上げられていました。

1.3㎝の氷ですか厚いですね。
すごく冷えたんですね。
2019.12.30
いつもより暖かいですが、急な寒さは応えますね。
2019.12.30

暖冬気味とはいえ、最低気温がマイナスの日が続くと防虫ネットだけでは茎葉の損傷が大きいので不織布で覆いました(追加)。試しに1株ずつ収穫してみたのですが未だ早いようですね。
(12/29画像5~8を追加)早生祝蕾だけは大きめの蕾が着生してま全て読む

おはようございます。
うちは早生祝蕾をビニールトンネルで作っています。
こちら宮城ではハウス向けで苗が販売されます。
2019.12.29
今朝は今季一番の冷え込み、昨晩からマイナス気温が続いて-4.0℃、バケツの水も1.3cmの厚さで凍ってました。やはりビニトンは必須かも知れませんね。
2019.12.29